その他

結婚式にいとこは呼ぶ?呼ばない?私はこうした!親族ゲストの選び方:いとこ編

結婚式にいとこは呼ぶ?呼ばない?私はこうした!親族ゲストの選び方:いとこ編

あなたは結婚式に招待するゲストをすぐ決められますか?

プレ花嫁
プレ花嫁
招待したい人はいるけど…ゲストはどこまで招待したら良いかわからない。

親族・会社関係・友人。

呼びたい人はいるけれど、いざどこまでゲストを呼ぶかは悩むポイントです。

例えば親族の場合、【いとこを招待するべきかどうか】あなたはすぐ答えが出ますか?

いとこと仲が良い人もいれば、疎遠な人もいると思います。

今回はいとこを結婚式に呼ぶべきか悩んだ時にどうしたら良いか、私の経験を踏まえてご紹介します。

いとこは呼ぶべき?マナーとして親族はどこまで呼ぶべきなのか

まず、一般的に親族はどこまで招待するべきなのかについて。

これについては明確な決まりはありません

なので、いとこについても呼びたければ呼んで良いですし、呼びたくなければ呼ばなくて問題ないです。

例え呼ばない選択肢をしてもマナー違反、常識外れなんてことはありません

実際、私がこれまで出席した結婚式では3親等(両親・兄弟姉妹・祖父母・伯叔父母)まで招待している傾向が強く、いとこはいたりいなかったりという感じです。

komako
komako
ただどちらでも良いと言われると逆に困ってしまいますよね。

ということで続いては私の結婚式ではどうしたか実例をご紹介したいと思います。

なぜいとこを招待した?私たちの結婚式の場合

私も旦那さんも親族は3親等まで全員招待しました。

そしていとこについては

  • 私:いとこを全員招待した
  • 旦那:いとこを1人招待した

でした。

私がいとこを全員招待した理由

理由はこれまでのいとこの結婚式で招待を受けていたからです。

私の場合、4人いるいとのほとんどは法事で会う程度の関係でした。

しかし、今まで招待を受けていたのでその流れで招待したといった感じです。

komako
komako
初めていとこの結婚式の招待を受けた時は数合わせ要員でした。親族だとそんなこともよくあります。
旦那さんがいとこを1人招待した理由

一方旦那の場合、いとこは招待するつもりはありませんでした。(私と同じようにいとことは法事で会う程度)

しかし、帰省中に結婚報告したところ「行きたい」と言った人が1人いたので招待しました。

理由はそれだけです。

komako
komako
しかも行きたいといった理由は式場がディズニーランドに近いから。夢の国に行くのが本当の目的です…うぐ。

このように私たちは

  • いとこの結婚式に呼ばれてたからを呼んだ
  • 仲良くないから呼ばなかった

というあっさりとした理由で決めました。

komako
komako
いとことそこまで親しい関係でなければそんなもんです。
ちなみに

いとこの配偶者・子供について招待するべきか悩まれる人もいると思うので触れておきます。

私の場合、いとこの配偶者は1人も招待しませんでした

私はいとこ本人とも疎遠でしたし、結婚式で1度しか会ったことがなかったので呼ぶか悩むこともありませんでした。(親からも特に何も言われず)

ただ、子供は招待しました

なぜなら、当時1歳になる子をもついとこがいて、いとこが一緒に連れていきたいと申告があったからです。

komako
komako
理由は旦那さんが1人で面倒みれるか不安だからだそう。

直接ではなく親経由でそういった申告があり、招待しました。

このように、いとこの配偶者・子供も招待するかは自由です。

申告がなければいとこ本人だけも問題ないです。

みんなはどうした?いとこを招待した理由

続いては他の先輩花嫁さんがなぜいとこを招待したのか調査してみました。

先輩花嫁さんがいとこを招待した理由は様々です。

いとこを招待した人の理由
  • いとこと仲が良いから
  • 相手側の親族と人数を合わせるため
  • 親の意向

いとこを自分の意思で招待している人は仲の良さから招待している人が多かったです。

また、いとこを招待する意思があまりなくても人数調整親の意向で招待するケースもありました。

komako
komako
親戚付き合いとしていとこを招待する場合もあります。招待するか悩んだらまず親に相談してみると良いですよ。

まとめ

今回は親族である【いとこを結婚式に招待するべきかどうか】についてまとめました。

一般的にいとこを呼ばなくてはいけないというルールはありません

いとこを呼ぶ・呼ばないは自由です。

なのでそこまでシビアになる必要もありません。

そして私含め先輩花嫁がいとこを招待した理由は様々です。

まずはあなたが

『いとこを招待したいのか?』

このシンプルな問いを考えて、悩んだら親に相談してみましょう。

komako
komako
これであなたの不安が消えれば幸いです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です